ソニー銀行カードローン総量規制対象外になる?

消費者金融業者などの貸金業者を対象とした貸金業法の一つの規制に、総量規制と言うものがあります。これは、貸金業者が融資を行なうことが出来る金額は、申込者本人の年収の3分の1に制限するというものです。これは、多重債務者を減らすことなどを目的として作られた規制です。そのため、収入のない専業主婦などでは、消費者金融業者から融資を受けることが出来なくなりました。
この総量規制はあくまでも貸金業者を対象としたものですので、ソニー銀行カードローン総量規制対象外ということになります。そのため、ソニー銀行カードローンであれば、専業主婦でも申し込みをし、貸付を受けることが出来ます。
ただし、ソニー銀行カードローン総量規制対象外とは言えども、申込者本人に収入がないという場合、もしくは収入が少ないという場合には、貸付限度額が通常よりも低く設定されていることが多いようです。ソニー銀行カードローンで言えば、専業主婦が申し込みをした場合の限度額は50万円以下に制限されています。ソニー銀行カードローンの通常の最高利用限度額は800万円ですから、それに比べると低く抑えられていますが、他の銀行カードローンと比べて決して低いという事は出来ないでしょう。
ソニー銀行カードローンが人気の理由としては、ソニー銀行カードローン総量規制対象外ということだけではなく、収入を得ている配偶者に対する電話連絡がないということもあります。そのため、家族にも知られることなくお金を借りることが出来ます。